目の疲れはケアで解消|必要な栄養素で目と体を元気にしよう

目を酷使することで起こる

目薬する人

適度なマッサージが効果的

1日中、パソコンを使用する作業などが続くと、眼精疲労になりやすくなってしまいます。眼精疲労の症状は辛いものです。目の疲れがずっと続いて、肩こりや首や背中の痛み、また頭痛や吐き気など症状はさまざまです。さらに睡眠障害にもつながる恐れもあります。睡眠不足は疲労が十分に取れないために、肉体的な疲労だけではなく、精神的な疲労が溜まっていってしまいます。眼精疲労の症状を改善するためには、適度に休憩を入れ、デスクワーク中でもできるストレッチなどを行うようにすると良いでしょう。また、日頃の食生活の中に、ブルーベリーなど目に良い効果のある食べ物を取り入れるのも効果が期待できます。就寝前はパソコンなどの明るい光を見ないようにすることが、睡眠障害の改善に効果があります。

体を動かし血行を良くする

眼精疲労は日頃の生活習慣を見直すことで、かなりの改善が期待できます。パソコンやテレビ、スマホなどの明るい光を長時間見続けると、どうしても眼精疲労になりやすくなってしまいます。仕事中でも1時間に1回は休憩を入れ、目を休めるようにしましょう。また、仕事以外の時間はなるべく自然の緑を眺めるなど、目を休める工夫が必要です。眼精疲労は目の周りから頭、首、肩にかけて血行が悪くなっています。余暇などを利用して、積極的に身体を動かし、凝り固まったコリをほぐしてあげましょう。またブルーベリーも効果が期待されている成分ですが、他にもDHAやEPA、メグスリノキなどの成分も目の疲れの予防に効果的です。日頃意識して体を動かすのと同時に、こういった成分が配合されたサプリメントを定期的に摂取していきましょう。眼精疲労を我慢していると、さらに症状がひどくなってしまい、時には仕事や日常生活にも支障をきたしてしまいます。症状が辛い時は無理をせずに、早めに休むことが必要です。